東京への引越し料金 見積り相場の真実。安い業者は簡単に調べられる!

3月、4月は東京への引越しは繁忙期です。入学や卒業、新社会人や転勤、単身赴任など新しい生活を始めるためにみんなが移動しますからね。日本中が忙しくなるシーズン。あなたもかなり焦っているのではないですか?

引越し先の住居は決まっているけれど、荷造りの準備や業者選びはまだという方は急いで引越し料金の相場を調べることをおすすめします。
無料で一括見積り【引越し価格ガイド】はこちら

なぜ引越し料金の一括見積りをしたほうがいいのか?


3月、4月は引越しシーズンですから、基本的に料金は上昇しています。繁忙期なので仕方がないのですが、各引越し業者が出してくる見積もり金額はどこが一番安くなるのかわからないですよね。

東京への引っ越し依頼で忙しい時期こそ業者の儲け時。見積もりを少し高い値段で出そうと狙っているかもしれません。

このように繁忙期のサービス料金は高めに出されることが多いので、複数業者の一括見積もり比較をしておくことがとても重要になるんです。引っ越し相場を調べずに、たった1社の業者さんだけから見積もりを取ってそれで契約まで決めてしまう。こうなると、もしかしたら費用が高くついている可能性も否めません。

 

引越し料金の算定基準は、基本的に移動距離と荷物量

引越しですから荷物を運ぶことが仕事となります。ですので、あなたが抱えている荷物量にしたがってトラック台数が用意されることになります。もしくは専用の引越しラックのようなもので荷物量を計算することもあるかもしれません。

荷物が多いか少ないかで料金が決められ、それをどこに運ぶか。遠くまで行くのか近距離でいいのか。距離数に応じて費用がことなるのもイメージがわきやすいですよね。遠くまで運んでくれるのであればもちろん料金は高くなります。

あとはどのようなところにお金がかかるかというと梱包材ですよね。衣類や小物を入れるダンボールやガムテープ、布団袋なども必要となるでしょう。じつはこれらは引越し業者が無料で提供してくれる場合もありますので、お得なサービス情報も一括見積りによって比較できますよ。

 

そして引越し業者さん側での必需品が、大物家具などを運ぶ際に使われる専用の梱包資材ですよね。運び出しの際には傷などをつけてはいけないのであらゆる箇所に傷・破損防止の資材が活用されます。

建物を保護するために床にもシートが敷かれたりしますし、部屋の中から家具を運び出したり搬入する時には、壁面に専用保護シートが貼られます。

このように引越しにはしっかりコストがかかっているのも押さえておきましょう。安い料金は当然大事なところですが、引越しの運び出しが手荒いというのはまた大問題ですからね。梱包資材や養生のことなど、業者にしっかり確認をとりましょう。

 

 

ということで、東京への引越しが決まっているのに引越し業者の選定が出来ていない方。お財布にやさしい業者さんを選びたい方。

引越し料金の一括見積もりは最短で1分ほど。ぜひ相場をチェックして引越し費用を浮かせてくださいね。
無料で一括見積り【引越し価格ガイド】はこちら
東京への引越し費用を調べる

 

 

東京都 主な市区町村

あきる野市
足立区
荒川区
板橋区
稲城市
江戸川区
青梅市
大田区
葛飾区
北区
清瀬市
国立市
江東区
小金井市
国分寺市
小平市
狛江市
品川区
渋谷区
新宿区
杉並区
墨田区
世田谷区
台東区
立川市
多摩市
中央区
調布市
千代田区
豊島区
中野区
西多摩郡
西東京市
練馬区
八王子市
羽村市
東久留米市
東村山市
東大和市
日野市
府中市
福生市
文京区
町田市
三鷹市
港区
武蔵野市
武蔵村山市
目黒区

 

 

東京都の運転免許更新会場

●府中運転免許試験場
住所:府中市多磨町3丁目1番地の1

●鮫洲運転免許試験場
住所:品川区東大井1丁目12番5号

●江東運転免許試験場
住所:江東区新砂1丁目7番24号

●神田運転免許更新センター
住所:千代田区内神田1丁目1番5号 東京都産業労働局神田庁舎

●新宿運転免許更新センター
住所:新宿区西新宿2丁目8番1号 都庁第二本庁舎2階

●指定警察署、島部警察署

参考サイト

 


東京都への引越し費用を調べる